2013/02/15

希望

人にも未来にも 外に向かって希望を託さない

内に向け 小さな成果の
ひとつひとつに「希望」を刻印して
積み重ねて繋いでいく

そして人知れず静かに 喜んでいよう

2013/02/14

節約術

荒んだ心がいちばん金を喰う。
節約の基礎は、まず「心を荒ませない」こと。
そしてそれは、豊かさの基礎。

2013/02/13

二月

足が吊るほどの寒さ
ひるむほどの向かい風

耐え難い軽薄さ
ダモイはまだか
私はやっぱり人間嫌い

冬眠を
冬眠する権利を

春が来るまで眠りたい
森のいきもののように眠っていたい

2013/02/12

重荷

自分の人生など
どこにもないから
他人の人生を生きようとする人が

さらに他人の人生を奪いながら
とりあえず生き
他人の人生をさらに
他人に与えようとするが

他人の人生は
重すぎて受けとめられない
これに尽きる

自分の人生を生きる機会もなく
殺されるならば

長生きはしたくない
死に損なうな

2013/02/11

Leave me alone

ありがたい訓示も道徳もマザーテレサの言葉も、
すべてわかった上で、
何もかもがバカバカしくなる、
もう死のうが何だろうがどうでよくなる、
自暴自棄の瞬間は、
死が一番の癒しになる。

砕け散った希望、
健気な切なるムダな努力、
「生きることはすばらしい」という嘘つきどもとも、
全てから離れ、逃れ、去りたくて、
誰にも邪魔されずに、
思う存分死に望みを託すから、

そっとしておいて。

私は、
あなたの望むようなものにはなれない、
ごめんなさい。

2013/02/08

死の選択

「迎春」の字を見て「ゲイの売春」と思うらしいうちのダンナが、
もしも脳死状態で尊厳死の選択を私がしなければならない場合、
私が責任を持って、生命維持の電源のスイッチをOFFにする、
とダンナに伝えると、「よし」とのこと。
愛した者の手によって命を終えさせる、というひとつの死の選択。

2013/02/07

処世

保身に命懸け、反原発に命懸け、
言論に命懸け、上からの命令に命懸け、
子育てに命懸け、体裁を整えるのに命懸け、
立っているのに命懸け、用を足すのに命懸け。

誰も彼も命懸け。
命を燃やし尽くして死ぬのは、みんなおなじ。

あなたとわたしの間の歳月の隔りが、
あなたとわたし、お互い命を奪い合うように、仕向けるから、

命を見せびらかしていると、あなたに命を狙われる。

命を守れ、命よ育て。
わたしの命の在り処は、あなたには内緒。

2013/02/06

親切

親切心はつけ入られるもの。
歪みは、歪みのままにして、

「歪んだメディア情報」は「正して」やらない。

突き詰めればそれこそが親切だ。

2013/02/05

ニュース

「今騙されている人たちが、騙されていたと気づくまで、あと五年はかかるでしょう」

2013/02/04

2013/02/01

さらば祖国よ

あやしい
愛した祖国が失われゆくことは悲しいが
そもそも私は祖国を愛していたのか

見える
私が向かうべき世界が 

どうでもいい
あそこへ向かう道中の
今を取り囲むこの雑多なことどもなど

信じない
目に見えるものは
より深くで確かなことを感じとっているから

やめよう
労力の浪費は
行く手に顔を向けて

騙されない
私はもう

祖国をこぼれ落ちた私の脇を
すり抜けて転げ落ちてゆく
より深い絶望へと

祖国よ
酩酊した亡国よ
さらば