2012/12/31

大晦日

宿無しの百の神々と共に
祖先にも届く言葉で語ろう

棲み処を追われ
この神々と共に
私も空ろに成り果てた

唯一の神に
無知で残酷と嘲られ
格闘と和解をくり返し

宝を奪われ
濡れ衣を着せられ
哀れみを誘うものになった

(罪とふ罪はあらじと
祓へたまひ清め給たまふことを…)


2012/12/25

遺志

長い 長い
終わりの時代のはじまりは
いつなのか

せめて はじまりのはじまりの尻尾
ぐらいは掴んで
終わらせよう

死を迎えよう

連れ合いが逝けば
わたしももう 生きてはいくまい

2012/12/17

ひとつの疑惑

本当に 地球はひとつなのか
それすら 私は見たことがない
誰が私に それを納得させられるだろう

あなたらと 私が 同じ地平線上にいるらしいことを

2012/12/08

正しい真実の隠し方

真実を隠すのに
ウソで塗り固めたのではなく
ウソと真実をチャンポンにしてバラ撒いた
これが正しい真実の隠し方

新たな地層を作るように
幾重にも 幾重にも ウソと真実を
飽きられて誰も見向きもしなくなるような
何でもないものになるまで

あなたは
これまで読んだ中でも大切な本を
大切にした方がいい

それはいずれ
このように隠されて手に入らなくなるから

2012/11/24

大切なひと

「あなたは大切なひと」と見ず知らずの人が言う

実はそうではない
知らずに真に受けて 見ず知らずの人を信じてはならない

大切にされていない あなたが 大切にされていると
あなたの 大切にされたい願いが バカをみる

「選ばれたひと」しか 大切にされない
選ばれなければ 「大切にされない」

誰も彼もが必死に選ばれたがるが
選ばれようとすることすら不要で

見ず知らずの人にとっての大切なひとは
あなたの見知らぬところのひと

見ず知らずの人は同じ地平線すら共有しておらず
見知らぬあなたと出会ってすらいない

2012/11/20

白兎翔る

根の国へ これから
根の国へ 遡上する

いつぞや私を 拾い救い給うた
根の国を治む 愛とかくれごとの神に
報恩を伝え 願う

畏き神 畏み申す

だれも相手にしない死角に
私は 私の花園を作る
ぶん取る者もおらず 「安心・安全」

そこに気持ちを分かてる 安らかな人を
私の隣人にと

2012/11/03

アセンション

地面が割れて 陸地が分断された
私は あちら側へ跳び移りたい
今はフックを引っ掛けるだけで 精一杯


2012/10/10

悪い人

あなたは悪い人だ

まだ手つかずの定まらない暗闇に
光を向けると あなたがいた

あなたは あなたの境界線を越えて
私の領分の大部分に手をつけて
これはおれのものだ と言った

私はあなたを愛しているので
殺すことも追い出すこともしない

ただ あなたを凌駕せねばならない

その背に突き刺さる私の視線に
振り向いて気づいたあなたは
尚も 私のすべて奪おうとする

その瞳のあり余る強さを
私は 凌駕せねばならない

ところが そんなあなたが放つ言葉で
深く傷つくほどに 私は弱いのだ

2012/10/05

歴史

しばしば
歴史は 重い口を開く
二言 三言
何をか語り
また口を閉ざす

思わせぶりに
真実を 幻のように
垣間見えた気にさせるだけ

2012/09/27

雨風にさざれ
踏み越えられ
苔むす背に
無邪気な花が咲き
遠い月日から嘆き忍んだ
己の不遇が報われた

この花のために
このまま
じっとしていよう

2012/09/26

笑い草

国民を見捨てた国家が愛国を謳うのだと
自分の兵隊たちを見捨てた上官に
従う兵隊があると夢見る政治家が
徴兵制を布くのだと

それを選挙で選ぶ国民がいるのだと

2012/09/24

ポートレイト

懸命に画いた
大して可愛くもない
女の子の絵

「これが画き手自身」だと

心理学者は失礼なことをいう

2012/09/23

引き抜かれた雑草のように 復讐してやる

私が死んだと思ったか
私のあとには別のが生える

お前はずっと草引きをする
お前のすべてが草引きになる

私が死んで安心したか

安心した頃 もう手遅れだ

逃れようと薬を撒くなら
薬で汚れた大地のように 復讐してやる

お前のからだは汚される
お前のすべてが汚れになる

逃れようとみそぎをするにも
水は私に味方する

いのちのうた 業のうた
とこしえに終わってやらない

そんなにも
それがいいなら 私を刈れ

2012/09/22

約束の地

まだ見たことはない ただそう感じるだけ
あれが私の故郷だと ただ信じているだけ

いのちたちが
それがいのちだからという理由で
ただ愛しい

追われない国 奪われない土地

まだ どこにもない 約束の地
私が根づく場所

2012/09/20

この国の人

やさしさは銭金じゃないと
やさしさを知らぬ人から
当然のように やさしさをむしり取る 金で

思ったようなやさしさを
得られず 不思議がる
当然のように 金を忘れて

大切にしてくれることを
大切にされていない人に望み

何十年生きても きれいごとを好み
何百年 何千年生きても きれいごとを好む

千代に八千代に苔の生すまで

悪気があっても 無くても
酷いことはし辛くなる

酷いことや 残酷な仕打ちは
何の気もない人こそがなし得ること

あなたも
わたしも

呪われていないものは 一人もいない

2012/09/19

格闘家

「苦しみから目を背けない
 ただそれだけのことだ 強さってのは

 なぜだか 強くもないヤツを 強いヤツのように
 カン違いしてしまうのさ」

2012/09/18

新しい遊び

新しい遊びをしよう
新しい遊びを思いついたんだ
新しい遊びは
新しい遊びのルールがわかる人ができるんだ

ルールがわかったら ルールのとおりに遊ぶんだ
ルールはぼくが決めたんだ
ルールはとっても簡単さ

白い駒 黒い駒 黄色い駒 赤い駒

みんながほかの遊びをしている間に こっそり作ったんだ
すごく すっごく 楽しい遊びなんだ

みんな ぼくと遊ぼうよ 遊ばなきゃダメなんだ
遊ばないと どうなっても知らないよ

ぼくのルールを覚えて ルールのとおりにやるだけさ



いけないぼうや
ぼうやを叱ってあげる大人は
ここにはいないんだね

2012/09/17

ケーキ

お誕生日会で おともだちを呼んで
プレゼントをもらって ごちそうを食べた

お母さんは おもてなしの料理を あれこれ作ってくれた
フルーツポンチ ババロア テリーヌ そしてケーキ

スポンジが下に沈んで べっちゃりとした 不恰好なケーキ

ケーキ屋さんでは見ることのない お母さんのケーキ

ケーキだから美味しいはずの ケーキ

お母さんの作ったケーキは どこへいった

どこでどうなったのか
私は 私が失ったものが何だったのか 思い出せない

不恰好な手づくりのケーキは
ケーキ職人の美しいケーキにとってかわり
手づくりのケーキは
余暇のある小器用な人の道楽になり

お母さんのケーキが居場所をなくしたところまで

2012/09/14

朝の支度

朝が殺しにくる
あなたの 願いを満たすため

からだの 苦役のせいで
個々にやかましい ふしぶしの人面疽を 
大人しく手なづけるために なおさら 動いて
彼奴らの主張が ひとつのそろう頃

脳みそが空っぽだったのを思い出し
大あわてで 満タンの首にすげ替えるにも
予備を切らして でも 時間が無い

ちょきん ちょきんと
魂を切り刻む音が 近づいてきて
私を家から 外へと追い立てる

あなたの 願いを満たすため

それが仕事だ 愛だ 人だと
いのちを差し出す 他人の私は

真実と嘘で身を引き裂かれ 風穴だらけで
永遠に完成しないのに ひとかどの人格を
要求され 押しつけ 潰して 嬉々として

あなたは 私を殺す
今日も 殺しの朝がくる

2012/09/13

幸せなあなた

幸せなあなたは 目隠しをして
意気揚々 明るく楽しく 朗らかに歩み終える

目隠しを取って 見渡したとき
あなたはあなたの歩いた痕跡を なんと思うだろう


日本での「ハーメルンの笛吹き」の話
助かったのはどんな子だったか

幸せなあなたは 笛の音がしてもわからない
笛吹きの姿も 知らない


私には あなたのような幸せはいらない

2012/09/11

なぜ、彼らは
地面に這いつくばったまま 飛ぼうとしないんだ?

大空に憧れるくせに 怯えて 地につながれることを望んだのさ。

マンデリシュタームに触れて

詩は
耐え難い苦痛の中での か細い慰め
押し潰され 砕け散った その魂の破片
 
 


2012/09/09

愛の歌

愛を歌うのだという あの歌い手の歌は
あの暗闇の底まで 届いているのだろうか
暗闇の途中で歌声を遮る 熱に狂った 大勢の聴衆のせいだ

2012/09/08

詩人と少女

まだ 少女だった私に
恩師は言った

「正しいものなんて、無いんだ
間違ったものも、無いんだ
だから、自由なんだ」

と また
恩師は 高らかに哂って言った

「詩人は裏切るんだよ」


恩師の言葉は
少女を過ぎた頃に 沁みてきた

2012/09/07

「自称詩人」はじめました

強くて逞しいからと見捨てておかれる
情けや憐れみからほど遠いところの
私によく似た いのちたちに捧ぐ